2011年6月アーカイブ

東日本大震災被災地へ少年野球用品を。

syounenyakyuu001.jpg 

 未曾有の大災害が東日本を襲いました。私たち長浜東R.C.も、折からの35周年記念事業を返上して3月18日、1,000万円を被災地へただちに支援させていただきました。

 3月25日、国際交流と青少年の健全育成をめざして20年前から取り組んでいる日米豪少年野球交流事業の推進母体である少年野球国際交流協会から連絡があり、「宮城支部の子どもたちの野球道具が流されて、なんとかご支援を」という連絡が入りました。私たちのメンバーの中には長浜市の少年野球連盟の世話役や関係者が数名います。彼らが立ち上がり早速、野球道具が不要になった時期でもあり連盟傘下をはじめ、長浜市内全域に呼びかけました。
 この支援活動が地元の新聞に掲載されるや、全国紙やテレビ、ラジオさらにインターネットにまで広がり、広島、愛媛、茨城などをはじめ全国各地からぞくぞく送られてきました。当初の4月20日締切を延期し30日には4,200点もの野球用品が集まりました。長浜市当局も「運送費を助成しましょう」、市長も、「現地へお見舞いに」と多くの支援を行いました。わがRCの代表メンバー2名が市長とともに、宮城県岩沼市を訪れました。井口経明岩沼市長や谷田裕哉支部長と藤井勇治長浜市長、私達、長浜東RC谷口正臣、国友美丸両君の堅い握手が現地の新聞をにぎわしました。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31